ソフトBドラ7奥村「1回目は理想の投球ができたけど…」開幕1軍へ収穫と反省

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク2-4巨人(12日・北九州)

 ドラフト7位の奥村(三菱日立パワーシステムズ)が収穫と反省を口にした。2番手で登板し、5回は先頭の石川を外角直球で見逃し三振に仕留めるなど三者凡退。だが、続く6回は無死から坂本勇に甘く入った初球の直球を右前に運ばれて降板。「1イニング目は理想の投球ができたけど、2イニング目もしっかり先頭を抑えたかった」。開幕1軍入りへ向けて、改めて表情を引き締めていた。

=2019/03/13付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ