200平泳ぎ世界記録保持者の渡辺“世界のTOYOTA”へ

西日本スポーツ

 競泳男子200メートル平泳ぎ世界記録保持者の渡辺一平(21)が早大を卒業する今春から、トヨタ自動車の所属となる。15日、渡辺のマネジメント会社が発表した。

 大分県津久見市出身の渡辺は2016年のリオデジャネイロ五輪に出場。男子200メートル平泳ぎ準決勝で五輪新記録となる2分7秒22をマーク。決勝では6位だった。17年1月には2分6秒67の世界新記録を樹立した。

 昨年はパンパシフィック選手権の同種目も制し、東京五輪の金メダル候補に挙げられている。渡辺はマネジメント会社を通じて「今回の選択は、来年の東京オリンピックで大きな目標を成し遂げるための最良の選択であると確信しています。世界記録、五輪記録を持つ責任と誇りを胸に、そして仲間の思いを心に刻み、より一層の努力を積み重ねます。応援よろしくお願いいたします」とコメントした。

=2019/03/15 西日本スポーツ=

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング