西武・木村、3安打3打点 レギュラー“当確”か

西日本スポーツ

7回1死一、二塁、西武・木村は右前に同点打を放つ 拡大

7回1死一、二塁、西武・木村は右前に同点打を放つ

 ◆オープン戦 阪神1-5西武(16日・甲子園)

 投手から外野手に転向して7年、30歳の西武木村が16日の阪神戦で「6番右翼」で先発出場すると、7回1死一、二塁から右前へ運ぶ同点打、8回も2死二、三塁から右前へ2点適時打を放つなど3安打3打点。浅村が楽天にフリーエージェント(FA)移籍した二塁に外崎、右翼に木村の布陣が辻監督の“理想の構想”で「守備力もある、肩もある、走れる。もともと魅力ある選手」と“レギュラー当確”を示唆。課題の打力アップでチャンス到来のプロ13年目は「結果を出して試合に出られる。一日一日を大事にしたい」と意欲満々だ。

=2019/03/17付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ