グラシアル&柳田&デスパ SB「獅子倒中軸」そろって快音 工藤監督悩ます「外国人枠」…結論まだ先?

西日本スポーツ

3回、先制3ランを放ち、ベンチ前でシャドーボクシングのポーズを決めるグラシアル 拡大

3回、先制3ランを放ち、ベンチ前でシャドーボクシングのポーズを決めるグラシアル

3回に3ランを放つグラシアル 2回無死、中前打を放つ柳田 6回1死、左前打を放つデスパイネ

 ◆オープン戦 DeNA1-4ソフトバンク(16日・横浜)

 リーグ王者西武を粉砕した昨季の最強クリーンアップの破壊力をまざまざと見せつけた。3番グラシアルがDeNAのドラ1位右腕の上茶谷から右翼席に放り込む“プロの洗礼”を浴びせれば、4番柳田も2回に中前打、5番デスパイネも6回に左前打。そろい踏みで快音を響かせた。

 昨年のクライマックスシリーズファイナルステージの全5試合で組まれ、獅子倒の原動力となった打順。工藤監督は「狙いとしては、グラシアルは打率も残しているし出塁もある。そういう中で(打線の流れを)見たかった。得点力が上がる? はい、それはすごく感じています」と手応えを隠さない。

 特に来日2年目のグラシアルが好調をキープしている。両軍無得点の3回2死一、三塁からの一発はオープン戦2号3ラン。フルカウントからの6球目、外角のカットボールを逆方向へはじき返してみせた。「追い込まれていて外角の球でもあったので逆方向を意識していた。右への打球が伸びるのは、いい状態だね。うまく打てたかな」。横浜スタジアムの一部リニューアル後の1号アーチともなり、手応え十分の言葉を口にした。

 ここまでオープン戦は9試合で打率3割6分4厘、2本塁打、8打点。内外野を守れるユーティリティー性もある。「開幕に向けての準備は、もう100パーセントできているよ」と、既にスタンバイOKの状態だ。

 ただ、悩ましい問題がある。グラシアルとデスパイネを同時登録した場合、最大4人の外国人枠の残りは「2」。中村晃が開幕絶望の状況を踏まえると野手2人制の可能性も高まるが、投手陣との兼ね合いもあり起用法の結論は難しい。工藤監督も「(結論は)いつまでにというより、最後になる可能性もゼロではない」と苦しい胸中を吐露。熟考モードが24日の開幕前最後のオープン戦まで続く可能性が出てきた。 (山田孝人)

=2019/03/17付 西日本スポーツ=