バットマンはJ2福岡を救えるか ルーキー三国が突然の大変身

西日本スポーツ

きれいに刈り込んだ髪で「バットマン」の絵を描いた三国 拡大

きれいに刈り込んだ髪で「バットマン」の絵を描いた三国

チーム2冠への願いを込めた「二つ星」

 開幕から4戦勝ちなしと苦しむJ2福岡のルーキーDF三国ケネディエブス(18)が20日、ド派手なヘアスタイルで練習に現れた。

 黒髪をきれいに刈り込み、頭の左側には星二つ、右側にはバットマンの絵。チームメートや監督から驚かれながらも「チームの勝ちがない中で、何かを変えようと思ってチェンジした」と気合を示した。

 頭の絵には意味がある。二つの星は「J2優勝、天皇杯優勝」、バットマンは「空中戦の支配者」でセンターバックとしての目標を描いたという。

 開幕から2試合連続でフル出場した三国は、右股関節付近を痛めここ2試合はベンチ外。状態は「100パーセントではない」というが、20日はダッシュやゲーム形式の練習にフル参加した。DFに負傷者が多く、元斗才がU-22(22歳以下)韓国代表に招集されているため、23日のアウェー新潟戦はベンチ入りの見通しだ。「先制できれば流れが変わる。後ろが耐えて前を信じていきたい」と活躍を誓った。

 福岡は1分け3敗で最下位。ペッキア監督は「昨年のアビスパとは違うプレーをしている。最初から全てうまくいくとは思わなかった」と強調した上で、日本語で「私はいいサッカーを見たい」と初白星に向けて力を込めた。

=2019/03/20 西日本スポーツ=