熊本西・白石初V 女子52キロ級 全国高校柔道

西日本スポーツ

 柔道の全国高校選手権第1日は20日、男女の個人戦があり、女子52キロ級は白石響(熊本西)が決勝で藤城心(山梨・富士学苑)に優勢勝ちして初優勝を飾った。

 自身初の日本一に、白石は「うれしい。諦めずに、最後は気持ちだった」とはにかんだ。決勝では相手の袖釣り込み腰に何度も倒されそうになりながらもこらえ続けた。最後は延長2分2秒、「(技は)分からない。大外かな?」と、無我夢中で投げて技ありを奪った。

 熊本西の野球部は23日開幕の選抜大会に21世紀枠で出場する。チームには白石の幼なじみやクラスメートもおり、「学校での練習後、同級生の家に集まってまた練習するとか、すごく頑張っている」と刺激を受けている。春休みは関西方面への遠征も兼ねて甲子園で応援する予定。日本一になった勢いを、野球部にも届ける。 (伊藤瀬里加)

■大牟田勢2階級制覇 田中73キロ級初V 竹市81キロ級連覇

 男子は大牟田(福岡)勢が2階級を制した。73キロ級は田中が初優勝。直後に決勝が行われた81キロ級は竹市が連覇を達成した。田中は「2人で優勝しようと話していた。自分が勢いをつけてバトンタッチできた」と笑顔を見せた。今年の大牟田は100キロ超級の選手が充実し、団体戦でも国士舘(東京)と並んで優勝候補に挙げられる。団体メンバーでもある竹市は「一番の目標は団体日本一。万歳するのは明日」と初の栄冠を見据えた。

=2019/03/21付 西日本スポーツ=

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ