ソフトB武田が5回開始前緊急降板 投球練習で異変

西日本スポーツ

5回の開始直前に、マウンドを降りる武田 拡大

5回の開始直前に、マウンドを降りる武田

 ◆オープン戦 ソフトバンク-楽天(21日・ヤフオクドーム)

 福岡ソフトバンクの先発武田が緊急降板した。

 5回開始前のマウンドに上がり、投球練習を数球実施。ところがほどなく、倉野投手コーチとトレーナーがマウンドに駆け寄り、武田は下半身を気にするしぐさを見せて、そのままベンチに退いた。2番手は松田遼が登板した。

 4回に浅村にソロ本塁打こそ浴びたものの、4回まで3安打1失点の好投を披露。開幕ローテーション入りが濃厚な右腕だけに、気がかりな降板劇となってしまった。

=2019/03/21 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ