女性騎手減量制度 地方競馬でも導入 佐賀など9場、4月から

西日本スポーツ

 NAR地方競馬全国協会は25日、女性騎手の騎乗機会の拡大を図るため、地方競馬で実施される減量適用競走で以下の通り女性騎手の減量制度を設定・拡大し、同制度を導入することを発表した。また、一部競馬場においても準備が整い次第、同制度を導入予定となっている。

【(1)減量する重量】

 所定の負担重量から2キロを減じる。ただし、騎手免許取得後の年数および勝利度数により減量適用される期間に減ずる重量は最大4キロまで

【(2)出馬表の表記】

 20年4月より、騎手免許取得後5年以上または101勝以上の女性騎手における減量記号を「△」から「◇」に変更することを予定

【(3)導入時期】

 19年4月1日。

 以下、同日より導入する競馬場。

 盛岡競馬場、水沢競馬場、金沢競馬場、笠松競馬場、名古屋競馬場、園田競馬場、姫路競馬場、高知競馬場、佐賀競馬場

【(4)対象競走】

 各主催者によって対象競走が異なるので、各主催者発表のものを確認すること

=2019/03/26付 西日本スポーツ=

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ