「やった」スタンド大興奮 筑陽学園、無失策で接戦制す

西日本新聞

 1勝忘れない-。選抜高校野球大会で26日、筑陽学園(福岡)が福知山成美(京都)を3-2で下し、春夏通じて初となる甲子園での白星を手にした。無四球完投の西雄大投手(3年)を中心に無失策で接戦を制した。歴史的勝利に、スタンドは「よくやった」と大興奮だった。

 二回、進藤勇也捕手(同)の適時打で先制。続く三回、スーパーキャッチが飛び出した。右中間への飛球を右翼手の福岡大真選手(同)が中堅手と交錯しそうになりながら好捕。倒れ込んだ福岡選手がグラブを掲げると、応援席から歓声が上がった。父真一郎さん(42)は、1994年夏の甲子園で樟南(鹿児島)のエースとして準優勝に輝いた。「ケガがなくて良かった」とほっとした様子だった。

 四回に2点を奪われて逆転される。応援団長の香川泰輝さん(3年)は「いつも通りのプレーをすれば大丈夫」と慌てない。

 チームが期待に応えた。その裏の攻撃で、石川湧喜選手(同)が相手の意表を突く三盗に成功。福島悠介選手(同)の適時打を導き同点に追い付いた。福島選手と同じクラスの久野寿音さんは「学校での姿と違ってすごい」と目を見張った。

 七回、野田優人選手(同)の中越え適時二塁打で勝ち越しに成功。ガッツポーズする野田選手を見守った父剛史さん(45)と母奈美さん(44)は「信じられない気持ち」と喜んだ。

 最終回、西投手が3人で打ち取り、勝利をもたらした。母晶世さん(43)は「今朝、ラインで普段は口にしないような感謝の言葉が送られてきたんですよ。ナイスピッチング」と顔をほころばせた。

=2019/03/27付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング