もう決めた?工藤監督「いいえ」 ソフトバンク開幕前日に打順未定

西日本スポーツ

ソフトバンク・工藤監督 拡大

ソフトバンク・工藤監督

 2年連続日本一を目指すソフトバンクの工藤公康監督(55)が28日、レギュラーシーズン開幕を翌日に控えた心境を語った。

 昨季はリーグ2位からCS、日本シリーズを勝ち抜いて日本一。開幕3連戦では、昨季リーグ優勝した西武を本拠地ヤフオクドームに迎える。「今年のホークスはチャレンジャーという思いでしっかりぶつかっていきたい」と意気込む。

 股関節手術明けのサファテが開幕1軍を外れ、中村晃が右脇腹の故障や自律神経失調症で静養するなど、思うように調整は進まなかった。「故障者もいるし、そういう意味ではベストではない。それでも力で(開幕1軍を)勝ち取った選手たち29人。みんな自信を持ってやってほしいし、自信を持って送り出したい」と力を込めた。

 多和田と対する開幕戦のオーダーを決めたかとの問いには「いいえ」ときっぱり。オープン戦15試合では柳田を3番で10試合、4番で5試合起用した。デスパイネ、グラシアル、内川を含めた中軸の組み合わせを思案中だ。

 それでも「今年はチーム方針として盗塁、走塁をやってきてもらった。そこがしっかり出るようなゲーム展開にしていきたい」と、機動力を生かした攻撃には変わりないと強調した。


=2019/03/28 西日本スポーツ=