ソフトバンク柳田は「3番」が濃厚/開幕予想オーダー

西日本スポーツ

開幕前日の練習後、西武・秋山(右)と話すソフトバンク・柳田 拡大

開幕前日の練習後、西武・秋山(右)と話すソフトバンク・柳田

開幕予想オーダーソフトバンクVS西武

 プロ野球は29日にセ、パ両リーグで開幕する。昨年リーグ2位、日本一のソフトバンクは、本拠地ヤフオクドームに昨年リーグ優勝の西武を迎える。

 ソフトバンクが開幕1軍メンバーとして登録したのは27人。最大4人を登録可能な外国人は、野手でデスパイネ、グラシアル、投手でミランダとモイネロが入っており、開幕戦では30日に先発予定のミランダを除く3人がベンチ入りする見通しだ。

 注目のスタメンは、昨年の首位打者でチーム最多の36本塁打を放った柳田が「3番・中堅」で出場することになりそう。オープン戦では4番も務めたが、最終戦では3番に入っていた。開幕投手は昨年チーム最多タイの13勝を挙げた千賀が2年連続で務める。

 昨年打点王の浅村が楽天に移籍した西武は、4番でホームラン王を獲得した山川を中心に打線の破壊力が健在。浅村が主に任されていた3番には秋山が入る見通しだ。開幕投手は昨年最多勝の多和田。昨年の最後までリーグ優勝を争った両チームのいきなりの激突に注目が集まる。

 プレーボールは午後6時半の予定。

=2019/03/29 西日本スポーツ=