向井氏コカ・コーラ監督復帰 ラグビー

西日本スポーツ

 ラグビーのトップリーグ(TL)からトップチャレンジリーグ(TCL)に降格したコカ・コーラは28日、元ゼネラルマネジャー(GM)で監督も務めた向井昭吾氏(57)が再び監督に就任すると発表した。2014~15年シーズン後、15年4月にGM兼総監督を退任して以来のチーム復帰となる。

 向井氏は愛媛県出身。新田高、東海大を経て東芝府中(現東芝)入りし、日本代表FBとして1987年の第1回ワールドカップ(W杯)に出場した。引退後は東芝府中監督として日本選手権3連覇に導き、2003年W杯では日本代表監督も務めた。04年にコカ・コーラウエスト(当時)の監督に就任。2シーズン目にTL初昇格に導いた。GM兼総監督から退任後は競技の普及活動などに取り組んでいた。

 向井氏はチームを通じて「九州から新しい風を巻き起こしたいと思います。また最短でTLに復帰したいと思います」とコメントした。

=2019/03/29付 西日本スポーツ=

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ