ソフトB森「抑え」の座守る OP戦でも抜群の安定感

西日本スポーツ

キャッチボールで汗を流す森 拡大

キャッチボールで汗を流す森

 昨季セーブ王に輝いた森が、シーズンを通して「抑え」のポジションを守り抜く決意を示した。昨年4月に右股関節の手術を受けたサファテが開幕2軍スタート。「この立場で1年間、投げ続けたい。オープン戦もいい期間を過ごせたので、早く投げたい」と意気込んだ。今春のオープン戦は5試合に登板し、3セーブを記録。防御率0・00と抜群の安定感を誇っただけに、自信がみなぎっていた。

=2019/03/29付 西日本スポーツ=