J1鳥栖、堅守生かし勝ち点1 攻撃には課題 トーレス初欠場

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第5節 鳥栖0-0横浜FM(29日・日産スタジア)

 粘りの守備で厳しい試合を乗り切った。鳥栖は計18本のシュートを浴びながら無失点。今季初の連勝とはならなかったが、敵地で黒星を防いだ。カレーラス監督は「大きな勝ち点1だ。強い相手にしっかり戦えた」と手応えを示した。

 12本のシュートを浴びた後半は両サイドを崩されながら、守備陣が体を張った。再三の好セーブでチームを救ったGK大久保は「相手にチャンスをつくられて改善する点は多いが、無失点という結果は今後につながる」と前向きに受け止めた。

 守備陣の健闘の一方で、攻撃陣には大きな課題が残った。17日の磐田戦で右太ももを痛めたフェルナンドトーレスは今季リーグ戦初欠場。代役として今季初めて先発した経験豊富な豊田は、最前線でのボールキープなどに貢献しながらも、シュートは打てなかった。

 チームは開幕から5試合で依然リーグワーストの1得点という苦境が続く。フェルナンドトーレスの今後について、カレーラス監督は「ここにいない選手のことは答えられない」と説明した。攻撃に明るい材料がないだけに、堅守から勝ち星につなげたい。 (松田達也)

=2019/03/30付 西日本スポーツ=

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング