柳田1号は4年ぶり満塁弾!また本拠L戦 今井がっくり

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(30日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク柳田悠岐外野手(30)の今季1号は逆転の満塁本塁打だった。

 3点差に広げられた直後の4回に西武先発の今井を攻め、絶好調の今宮が押し出し四球を選んで2点差。なお2死満塁で柳田は初球、高めに入ったスライダーを振り抜き、ライナーで右翼席へ運び去った。

 本塁打を確信したように打席から歩きだした柳田は、喜ぶベンチの面々を指さしてからベース一周。満塁本塁打は2015年5月16日の西武戦(ヤフオクドーム)以来4年ぶり。通算4本目で、うち3本が本拠地での西武戦だ。

 今井は打たれた瞬間にぼうぜん。スタンドインを見届けると、膝に手をやりガックリとうなだれた。

=2019/03/30 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ