ソフトバンク柳田2戦連続の初球・逆転・投手ガックリ弾

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(31日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク柳田悠岐外野手(30)が連日の逆転アーチを放った。

 1点ビハインドの6回1死一塁。西武高橋光が内角を狙って甘く入った初球ストレートを、完璧に捉えて中堅左のスタンドへ放り込んだ。「初球でしたが、しっかり自分のいいスイングができました。(高橋)礼もいいピッチングをしていたので、逆転できて良かった」。ベンチ前での「最高!」ポーズも決まった。

 前日30日は2点を追う4回に逆転満塁弾。前の打者今宮が押し出し四球を選んだ直後、今井の初球を捉え、先発ミランダに勝ち星をつけた。この日の逆転アーチは、前の打者今宮が死球を受けた直後の初球。この回限りで降板した先発の高橋礼に、勝利投手の権利を与えた。

 今井はスタンドインの瞬間、膝に手をやってうなだれていたが、高橋光は打たれた瞬間、中堅方向へ振り返って覚悟したようにしゃがみこんだ。

=2019/03/31 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ