J3北九州、開幕4連勝 佐藤が勝ち越しの決勝ゴール

西日本スポーツ

決勝ゴールを決めて喜ぶ佐藤(右) 拡大

決勝ゴールを決めて喜ぶ佐藤(右)

 ◆明治安田生命J3第4節 北九州2-1相模原(31日・ミクニワールドスタジアム北九州)

 J3第4節最終日は6試合があり、ホームで相模原に2-1で勝ったギラヴァンツ北九州が開幕4連勝を飾った。J参入後、4連勝はJ2時代の2015年以来でクラブ最長タイ。勝ち点12で首位を維持した。

 前半28分に加藤が先制のゴール。「取るべきところで取れている」と主導権を握ると、チーム今季初失点で同点とされた直後の後半42分には途中出場の佐藤が「いいボールがきた」と加藤のパスに合わせて勝ち越しの決勝ゴールを決めた。

 シュート数は相模原の21に対し8。小林監督は「守りきった点はほめたい。(決勝点は)前を向く姿勢があった」と手応えを語った。 (米村勇飛)

=2019/04/01付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ