ソフトB上林、昨年超える「最低でも一日一本」

西日本スポーツ

新幹線で大阪へ向かう上林 拡大

新幹線で大阪へ向かう上林

 上林が「一日一本」を最低限の目標に掲げた。オープン戦打率は規定打席到達者の中でワースト2位の1割1分4厘。絶不調のまま開幕への準備を終えたが、西武との開幕3連戦では全試合で安打を記録。3月31日の試合では早くもシーズン1号本塁打を放つなど、順調なスタートを切った。

 「特別にいいとは思わないけど、オープン戦で悪かったことを考えると、それなりのスタートが切れたのかなと思う。とにかく一日一本は最低でも安打を打ってチームに貢献したい」

 開幕から8番に座ることには満足していないが、いまは任された打順をまっとうする覚悟でいる。「1、2、3番とみんな調子がいいので、自分が出塁して上位につなげば、もっと点が入る。あと、去年は開幕からの連続試合安打が8試合で止まったので、個人的にはそこの更新も目指したい」。そう意気込んで、遠征先でもある大阪行きの新幹線に乗り込んだ。

=2019/04/02付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ