野球の本田圭佑が初勝利 メンタル強化で成長

西日本スポーツ

 ◆西武8-6ロッテ(4日・メットライフドーム)

 4年目の本田圭佑投手(25)が味方の大量援護を受け、うれしいプロ初勝利を挙げた。肺炎により戦列を離れたドラフト1位の松本航の代役として先発。4回までは無安打と打たせて取る投球を披露した。5回にバルガスに2ラン、7回にレアードに2ランを浴び、6回0/3、4失点で降板した。初のお立ち台では「ファンの方がたくさんいてすごくきれいな景色。キャンプはA班(1軍)だったけど、期待に応えられずその中でもらったチャンス。絶対に結果を残したいと思った。初勝利を挙げることができたけど、1勝じゃ意味がない。また勝てるように」と話した。

 サッカー元日本代表の本田圭佑と同姓同名で話題を集めていたが、プロ3年間は未勝利。過去の1軍登板では「ファームでやってきたことができなかった」と振り返った。3月にはメンタルの講師の授業を受け、呼吸法を習ったという。「笑顔で投げよう」と声をかけられ、1軍の舞台でも堂々とした投球を見せた。ウイニングボールは「親にあげたい」と笑みを浮かべた。

=2019/04/04 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング