西武戸川、プロ初1軍昇格 ギータからエール「こっからやぞ」

西日本スポーツ

 西武の5年目の戸川大輔外野手(22)が5日、プロ初の1軍昇格を果たした。4日のロッテ戦でプロ初勝利を挙げた本田圭佑投手(25)が登板機会がないために出場選手登録を抹消され、代わって東京ドームでの日本ハム戦からチームに合流。「東京ドームはテレビでしか見たことがない場所。2軍とは雰囲気が違う」と引き締まった表情で話した。

 戸川は北海高から2015年育成ドラフト1位で入団。左の大砲候補として期待され、同年11月に支配下登録された。今季は2軍で10試合に出場し、打率3割3分3厘を記録。「1軍でもらえるチャンスは少ないと思うので、それを生かしたい」と意気込んだ。

 1月はソフトバンク柳田の沖縄、広島での自主トレに参加した。“師匠”にはLINEで1軍昇格を報告すると「きたな! こっからやぞ」と激励されたという。「ギータさんは明るく野球をやっていたので、自分もそういう意識で取り組んできた。活躍すれば、ギータさんも喜んでくれると思う」。2軍で磨いたパンチ力で「獅子脅し打線」の一角に食い込むことを誓った。

=2019/04/05 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング