離脱のソフトバンク・グラシアル 脇腹は軽度の筋挫傷

西日本スポーツ

ソフトバンク・グラシアル 拡大

ソフトバンク・グラシアル

 ソフトバンクは6日、左脇腹を痛めたジュリスベル・グラシアル内野手(33)が、左腹斜筋の軽度の筋挫傷と診断されたと発表した。

 この日、福岡市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けた。治療、休養の上で9日からリハビリ組に合流する。

 グラシアルは来日2年目の今季、開幕から全てスタメン5番で7試合に出場。24打数8安打で打率3割3分3厘、1本塁打、3打点の成績を残していた。

=2019/04/06付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ