WC・福岡勢が3大会連続決勝進出

西日本スポーツ

 毎年冬に東京都内で開かれる高校バスケットボールの全国選手権大会「ウインターカップ(WC)」で、今年から“バスケ王国”の福岡県の男子が最大3校出場する可能性が出てきた。夏の全国総体「インターハイ(IH)」の参加校を現在の男女各59校から男子53校、女子51校に減らす一方で、WCの出場枠を男女各50校から60校に増やすもの。従来の(1)WC予選を勝ち抜いた都道府県代表校(2)IHの決勝進出校(3)開催地枠-に加え、IH予選後の九州大会など全国各ブロック大会の優勝県に割り当てられる見込みだ。2018年WC優勝の福岡第一や17年同準優勝の福岡大大濠が近年占めてきたWCのコートに立てるチャンスが生まれ、福岡県の3番手以降の学校は目の色を変えている。

 男子の高校バスケで福岡は近年、常に全国優勝を争う「王国」だ。長年リードしてきた福岡大大濠はIH4度の優勝を誇り、2000年代になって急台頭してきた福岡第一はWCを3度制覇。福岡勢は16年からWC決勝の舞台に3大会連続で臨んでいる。福岡大大濠の片峯聡太監督は「第一に通用することは全国4強以上でも通じる」と断言する。2強に続く3番手争いは毎年激戦。祐誠のほか、直方や宗像の公立勢、IHで1987年優勝の九産大九州、95年準優勝の福岡商(現福翔)などが争っている。

=2019/04/09付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ