ソフトバンク非常事態 柳田ショック全治3週間 2軍の真砂が緊急昇格

西日本スポーツ

車に乗り込み、ヤフオクドームを後にする柳田 拡大

車に乗り込み、ヤフオクドームを後にする柳田

7日ロッテ戦の7回1死二塁、三盗を決めた後に交代する柳田(右) 投手陣の練習に姿を見せた工藤監督 ソフトバンクの今季開幕オーダーと通算成績 開幕に間に合わなかった主な主力

 福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手(30)が8日、出場選手登録を抹消された。7日のロッテ戦(ヤフオクドーム)で左膝違和感を訴え途中交代。一夜明けて福岡市内の病院で受けたMRIなどの検査で左半膜様筋腱(けん)損傷(肉離れ)と診断された。全治3週間程度の見込み。チームは貯金4の首位と開幕ダッシュに成功も、同じく中軸だったグラシアルに続き打率3割5分5厘、4本塁打、14打点と絶好調の主砲も離脱する非常事態となった。

■「申し訳ない」

 開幕ダッシュに成功し首位を走るチームに、激震が走った。午前中に検査を受けた柳田のけがは全治約3週間と判明。ヤフオクドームで報告を受けた工藤監督は現実を受け止めすぐに登録抹消を決めたが、その表情が曇らないはずがない。「痛いですよ。痛いなんてもんじゃないですけど…」。大きなショックに包まれた中、首脳陣は急きょ話し合いを行い、7年目の真砂を2軍から緊急昇格させることを決めた。

 指揮官の言葉を借りるまでもなく、あまりに痛すぎる離脱だ。今季の柳田は開幕2戦目で逆転満塁弾の1号を放つと、3戦目でも逆転の2ランをマーク。ここまで打率3割5分5厘、4本塁打、14打点の活躍で開幕ダッシュに大きく貢献してきた。さらに9試合でリーグ2位タイの4盗塁。プロ野球史上初の「40本塁打&40盗塁」や4冠王への期待も膨らむスタートダッシュを決めていた。

 それだけに、本人のショックも計り知れない。チームは9日に試合がある長崎へバスで出発。その約30分後の午後4時すぎ、柳田はヤフオクドームを訪れ約1時間の治療を行った。自らへのいら立ちと悔しさを押し殺すように「チームに迷惑をかけてしまった。申し訳ない気持ちが一番です。起こったことなんでしょうがない。時間を無駄にしないよう、それだけを考えている」と話した。9日も治療に専念し、早ければ10日に筑後のファーム施設でリハビリを開始する予定だ。

 開幕3カードを終えて2位に1ゲーム差の首位。このまま加速したいところでの柳田不在は、今後の戦いに暗い影を落とす。打線は開幕前から主力の一人である中村晃を欠き、5番を任されていたグラシアルも6日に左脇腹痛で離脱。森ヘッドコーチは「チームで一番いいやつが抜けるんだから大痛手。何とか2週間くらいで帰ってくれんかな」と本音を漏らす。ただ、順調に回復しても柳田の戦列復帰は5月中と見込まれるだけに、当面は苦しい戦いを覚悟せざるを得ない。

 工藤監督は「誰か一人が柳田君の代わりをというのは難しい。打線全体でカバーしていくしかない」とチーム一丸でピンチに立ち向かう姿勢を求めた。幸い7日にデスパイネ、内川に待望の今季初アーチが飛び出し、ベテラン松田宣も好調を維持。「そこはプラス。内川君にも1本出てすっきりしたところもあると思う。とにかくみんなでカバーしていく。柳田君が戻ってくるまで貯金を増やしていられるように」。早くも訪れた逆境を乗り越えなければ、リーグV奪回も3年連続日本一も見えてこない。 (倉成孝史)

=2019/04/09付 西日本スポーツ=