西武榎田が半年ぶり実戦へ 12日に2軍で復帰

西日本スポーツ

西武・榎田 拡大

西武・榎田

 左肩の張りで出遅れている西武の榎田大樹投手(32)が12日にイースタン・リーグの巨人戦(西武第二)で実戦復帰する。8日に小野投手コーチが「12日か13日に1イニング程度を投げる予定」と明かしており、9日までに正式に日程が決まった。

 移籍1年目の昨季は自己最多の11勝を挙げチーム10年ぶりのリーグ優勝に貢献。今年も首脳陣の構想では開幕ローテ入りするはずだったが、2月のキャンプ中に離脱した。キャンプ中の紅白戦、練習試合には登板しておらず、実戦マウンドはソフトバンクとのクライマックスシリーズファイナルステージ第3戦で先発した昨年10月19日以来となる。

 左肩の回復は順調で、9日は西武第二球場でキャッチボール、ランニングなどで調整。順調に登板を重ねていけば4月中に1軍昇格する可能性もある。「まずはしっかり投げて、状態を上げていきたい」と力を込めた。

=2019/04/09 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ