開幕5番のグラシアルがリハビリ開始 離脱者続くソフトバンク

西日本スポーツ

ソフトバンク・グラシアル 拡大

ソフトバンク・グラシアル

 ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(33)が9日、福岡県筑後市のファーム施設でリハビリ組に合流した。

 来日2年目の今季は5番で開幕。7試合で打率.333、4日のオリックス戦で先制の決勝1号を放つなど存在感を見せていたが、5日のロッテ戦で左脇腹を痛め、6日に出場選手登録を抹消されていた。

 リハビリ組に合流初日は治療や体幹のトレーニングなどを行った。斉藤リハビリ担当コーチは「順調に回復はしているがまだ痛いようだ。(故障の程度は)そんなに悪いことはないと思う」と説明した。

 開幕5連勝(1分けを挟む)の好スタートを切ったソフトバンクだが、グラシアルに続いて8日には柳田悠岐外野手(30)が左膝裏の肉離れで抹消されており、開幕オーダーの中軸から早くも2人が離脱する事態となっている。

=2019/04/09 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ