ソフトB上林、一時勝ち越し打「あのまま終わってくれたら…」

西日本スポーツ

6回1死二、三塁、右前適時打を放つ上林 拡大

6回1死二、三塁、右前適時打を放つ上林

 ◆日本ハム3-3ソフトバンク(9日・長崎)

 上林が一時勝ち越しとなる適時打で長崎のファンを沸かせた。同点の6回1死二、三塁、堀の外角へのスライダーを捉えて一、二塁間を破りこの試合初めて勝ち越しに成功。その後再び同点とされ決勝打とはならなかったが勝負強さを見せた。「あのまま終わってくれたらよかったけど」と苦笑いしながら「ゆっくり寝て明日に備えます」と福岡へ戻るバスに乗り込んだ。


 真砂(1軍昇格即スタメン出場も2打数無安打)「悔しいです。打てないときもあるけど、その中でも対応をしっかりしないといけない。守備とバントで最低限のことはできた」

=2019/04/10付 西日本スポーツ=