ソフトB松田遼、決勝打浴び猛省「悔しいし情けない」

西日本スポーツ

延長11回2死一、二塁、日本ハム・王柏融に右前適時打を許した松田遼 拡大

延長11回2死一、二塁、日本ハム・王柏融に右前適時打を許した松田遼

 ◆ソフトバンク2-3日本ハム(10日・ヤフオクドーム)

 6番手で登板した松田遼が決勝打を浴びた。同点の11回、2死一塁でマウンドへ。中田に四球を与えると、続く王柏融を追い込みながら、真ん中低めのフォークを捉えられ、右前に運ばれた。「しっかりとフォークをワンバウンドで投げられなかった。なんとか味方の攻撃につなげたかったけど。悔しいし情けない」と反省しきりだった。

=2019/04/11付 西日本スポーツ=