ソフトB加治屋、今季初黒星 甲斐の好プレーに助けられるも…

西日本スポーツ

延長11回無死一、三塁、降板する加治屋(中央) 拡大

延長11回無死一、三塁、降板する加治屋(中央)

 ◆ソフトバンク2-3日本ハム(10日・ヤフオクドーム)

 加治屋が今季初黒星を喫した。延長10回から4番手で登板。先頭に安打を許すも、続く鶴岡が犠打を試みた打球を甲斐が処理し併殺を完成させる好プレーに助けられ無失点でしのいだ。続投の11回は先頭西川に四球を与え、大田に安打を許し降板。後続が打たれ負け投手となった。「状態は悪くない。任された役目をしっかり全うしないと」と懸命に前を向いた。

=2019/04/11付 西日本スポーツ=