柳田不在なんのソフトバンク一挙5点 デスパイネが巧走塁

西日本スポーツ

4回2死満塁、上林の右前打で三走・内川(左端)に続き二走・デスパイネも生還 拡大

4回2死満塁、上林の右前打で三走・内川(左端)に続き二走・デスパイネも生還

4回2死満塁、上林の右前2点打で二走・デスパイネも生還

 ◆ソフトバンク-日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク打線が4回に爆発した。

 先頭の好調今宮は相手好守で右飛も、内川が三塁内野安打で出塁。デスパイネの投手強襲安打に相手失策が絡み、二、三塁に好機が広がった。

 松田宣は空振り三振で2死も、川島が四球で満塁。ここで打率1割台と苦しんでいた上林が右前へ先制打を放った。

 内川に続きデスパイネも生還。右翼大田が本塁へワンバウンドのストライク返球を見せたが、体勢を低くして滑り込んだデスパイネは捕手のタッチをかいくぐり、回り込んで左手でベースに触れた。

 さらに打率1割未満だった甲斐も右中間フェンス直撃の2点二塁打で続き、日本ハム加藤をKO。代わった西村からも釜元が右中間へ適時三塁打を放ち、この回一挙5得点を挙げた。

 主砲の柳田を故障で欠く9日からチームの得点は3点、2点だったが、1イニング4本塁打を記録した7日ロッテ戦の8回以来の1イニング5得点。中4日登板のサウスポー加藤に3回まで1安打に抑えられていたが、続投した4回につかまえた。

=2019/04/11 西日本スポーツ=