選抜4強の明豊は鹿児島実と 高校野球九州大会

西日本スポーツ

春季高校野球九州大会の組み合わせ 拡大

春季高校野球九州大会の組み合わせ

 20日に鹿児島市で開幕する高校野球の春季九州大会(第144回九州大会)の組み合わせ抽選会が11日に鹿児島市内であり、強打で選抜大会4強入りを果たした明豊(大分)は初戦で今春の鹿児島大会準優勝の鹿児島実と対戦することが決まった。選抜大会初出場で8強入りした筑陽学園は佐賀商と対戦。鹿児島大会を制した神村学園と戦う興南(沖縄)はU18(18歳以下)日本代表候補の左腕エース宮城大弥(3年)に注目が集まる。福岡大会2位で76季ぶりに九州大会に出場する真颯館は鹿児島商と戦う。

 大会は春の各県大会の優勝チームと福岡は3位まで、地元開催の鹿児島は4位までが出場。さらに今春の選抜大会に出場した5チームと合わせて18校が出場する。

 試合は平和リース球場(県立鴨池野球場)と鴨池市民球場で行われ、23日は休養日、決勝は25日の予定。

=2019/04/11 西日本スポーツ=