西武・榎田が今季初実戦 2回を無失点2K

西日本スポーツ

イースタンの巨人戦に登板。2回を無失点の西武・榎田 拡大

イースタンの巨人戦に登板。2回を無失点の西武・榎田

 ◆イースタン・リーグ:西武1-2巨人(12日・西武第二)

 左肩の張りで出遅れていた西武の榎田大樹投手(32)が、今季初の実戦登板に臨んだ。8回から登板し、2イニングを被安打1の無失点。2三振を奪った。「まずは今年初めて打者相手に投げられて良かった。問題なく投げられた。1イニング目より2イニング目と修正できた」と笑顔で振り返った。

 8回は三飛、空振り三振、遊ゴロ。9回は左飛、見逃し三振、右前打、一邪飛。計32球を投げた。「明日の状態を見て、次に向けてしっかりやっていきたい」。次戦は17日のイースタン・ヤクルト戦(メットライフドーム)で先発し、4~5イニングを投げる予定。

=2019/04/12 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ