J2福岡の田辺 移籍初弾狙う 13日町田戦、2戦連続左サイド起用へ

西日本スポーツ

10日の雁の巣球技場での練習でボールを追う福岡・田辺(左から3人目) 拡大

10日の雁の巣球技場での練習でボールを追う福岡・田辺(左から3人目)

 J2アビスパ福岡の田辺草民(29)が、13日のホーム町田戦(午後2時開始)で左サイドから移籍後初ゴールを狙う。トップ下やボランチなど中央の位置が本職だが、2試合連続で左サイドでの先発が濃厚。「僕自身コンディションも良くなってきたしゴールも狙っていきたい」と誓った。

 1-1で引き分けた前節の横浜FC戦で、主にこのポジションを任されてきた石津に代わって先発。この試合で途中出場した石津が右太ももを痛めたため、今節も左サイドで攻撃を担うことになりそうだ。チームは現在17位。J1昇格に向けて負けられない戦いが続く。移籍1年目のMFは「自分の得意としているポジションはある」といいながら、「今はそんなこと言ってられない。出たポジションで集中してプレーする」と、“アビスパ愛”を強調した。

 「ベースがこの2試合でできてきた」と手応えを感じるホーム初勝利の栃木戦、アウェー横浜FC戦と2戦負けなし。「絶対勝たないといけない。次に勝てば(前節)横浜FCの勝ち点1も悪くないと思える」と必勝を誓った。 (広田亜貴子)

=2019/04/13付 西日本スポーツ=