ソフトバンク谷川原もインフルエンザ感染

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは12日、松山秀明2軍内野守備走塁コーチ(51)が11日に福岡市内の病院でインフルエンザB型と診断されたと発表した。また、谷川原健太捕手(21)も9日に同型と診断されていたことも発表した。

=2019/04/13付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ