ソフトBモイネロ痛恨失投、今季初黒星

西日本スポーツ

8回、捕逸で勝ち越しを許したモイネロ(右)と甲斐のソフトバンクバッテリー 拡大

8回、捕逸で勝ち越しを許したモイネロ(右)と甲斐のソフトバンクバッテリー

 ◆楽天4-2ソフトバンク(12日・楽天生命パーク)

 モイネロが痛恨の失投で今季初黒星を喫した。同点の8回に登板。1死一、三塁のピンチを招くと、田中への初球が高めに大きく外れ、懸命にジャンプした捕手の甲斐の頭を越えたボールは後方へ(記録は捕逸)。「スライダーが滑ってしまった…」。ミスで今季初失点を喫して勝ち越された直後、田中のスクイズで、もう1点を失った。今季13戦目で早くも8試合目の登板。フル回転が続く左腕は、悔しい結果に厳しい表情だった。

=2019/04/13付 西日本スポーツ=