HKT48指原がラスト劇場公演 「村重ゴリラ」捕獲にびっくり

西日本スポーツ

自身最後の劇場公演に出演したHKT48の指原莉乃(中央) 拡大

自身最後の劇場公演に出演したHKT48の指原莉乃(中央)

自身最後の劇場公演に出演したHKT48の指原莉乃(右から2人目)

 今月28日に卒業を控えるHKT48の指原莉乃(26=劇場支配人兼任)が13日、福岡市のパピヨン24ガスホールで開かれた自身最後の劇場公演に出演した。

 開演直後からわき起こった盛大な「りのちゃん」コール。客席は、指原のファンであることを示す黄色のペンライトとTシャツで埋め尽くされた。

 公演は、最後の瞬間まで精いっぱい楽しもうとするかのように序盤からアクセル全開。5期研究生が登場するはずの前座で1期生メンバーの下野由貴、植木南央、今田美奈、熊沢世莉奈が歌唱。「ウッホウッホホ」のゴリラ役を担当した村重杏奈が、田中菜津美が発射した網に捕らえられると、客席は爆笑。晴れ舞台でのまさかの「捕獲劇」に、さすがの指原も驚いた表情を見せていた。

=2019/04/13 西日本スポーツ=