九共大・石原「泥くさく」サヨナラ犠飛 福岡六大学野球

西日本スポーツ

開会式で選手宣誓する九共大主将の石原 拡大

開会式で選手宣誓する九共大主将の石原

 ◆福岡六大学野球春季リーグ第1週第1日 九共大3-2日経大(13日・福工大野球場)

 開幕カードの3試合があり、春季6年連続優勝を狙う九産大が福教大に勝った。スタメン入りした片渕一葵(1年・飯塚)と野口恭祐(1年・創成館)のルーキーコンビがそろって初打席初安打や打点をマークした。2季連続優勝を目指す九共大は日経大にサヨナラ勝ち。福工大は7回日没コールドで九工大に圧勝した。

 2季連続優勝を狙う九共大は主将の石原が有言実行した。同点で迎えた9回1死満塁に直球をおっつけ、左翼へサヨナラ犠飛。直前の開会式で「泥くさく全力でプレーする」と宣誓した通りのしぶとい打撃に「とにかく食らい付き、チームのために打ちたかった」と胸を張った。秋季は5連覇しているが、春季は2012年を最後に優勝から遠ざかっている。石原は「挑戦者の気持ちを忘れず戦う」と我慢の野球を心掛けた。

■日経大 総力戦で惜敗も新首脳陣手応え

 日経大の新首脳陣は、惜敗にも手応えをにじませた。5人の継投策で強打の九共大打線を3点に抑えるなど、ベンチ入りした25選手中、22選手を投入する総力戦を展開。3併殺を喫するなど好機を生かせなかったが、元第一工大監督で1月に就任した岡留監督は「急ピッチで準備してきたけど、試合はしっかりつくれた。強くなると思う」と納得の表情を浮かべた。昨年までプロ野球西武で球団本部長を務め、2月に就任した鈴木コーチも「発展途上だし、これから」と期待を膨らませた。

=2019/04/14 西日本スポーツ=