九産大快勝 4番片渕、9番野口ルーキーコンビチームけん引 福岡六大学野球

西日本スポーツ

福六デビュー戦で初打席初安打をマークするなど活躍した九産大の野口(左)と片渕の1年生コンビ 拡大

福六デビュー戦で初打席初安打をマークするなど活躍した九産大の野口(左)と片渕の1年生コンビ

 ◆福岡六大学野球春季リーグ第1週第1日 九産大13-5福教大(13日・福工大野球場)

 開幕カードの3試合があり、春季6年連続優勝を狙う九産大が福教大に勝った。スタメン入りした片渕一葵(1年・飯塚)と野口恭祐(1年・創成館)のルーキーコンビがそろって初打席初安打や打点をマークした。2季連続優勝を目指す九共大は日経大にサヨナラ勝ち。福工大は7回日没コールドで九工大に圧勝した。

 九産大の新入生コンビが、あいさつ代わりの強烈な一打を放った。いきなり4番に座った片渕が、初回無死一、二塁、左翼線を破る二塁打で初打席初安打初打点をマーク。9番の野口も負けじと2回先頭で左中間二塁打を放った。どちらも直球を捉え「1年生らしく思い切って振っていけた」。大勝に貢献した2人は口をそろえた。

 両者とも高校時代から打力を発揮してきた。片渕は飯塚高3年だった昨年、準優勝した北福岡大会で打率5割をマーク。長崎・創成館高出身の野口は8強入りした昨春の選抜大会で打率7割をたたき出した。九産大の練習に参加したのは3月からだが、2人とも昨夏の大会後から木製バットを振り込み「金属の違いにも戸惑わなかった」。オープン戦から結果を出し続け、そろってスタメンを勝ち取った。

 特に大久保監督が「ミート力が高く、是が非でも来てほしかった」とほれ込んだ片渕は、九産大で10年ぶりの新人開幕4番。「いきなりスタメンで活躍できる自信はなかったけど、4番になるのが目標だった。とりあえず、やってやろうと思った」と2回の第2打席も迷いのないスイングで右犠飛を放ち、主砲の役割を果たした。

 昨夏の甲子園後、筋力トレーニングなどで体重を10キロ増やした野口も「創成館を代表して来ている。いつも通り緊張せずやればいい」と発奮。8回に左中間適時二塁打を放つなどチーム最多の3安打を放った。

 片渕は春夏連続で甲子園に出場した野口に「負けられない」と対抗心を燃やし、野口も「一緒に練習しているのでお互い頑張りたい」と刺激を受ける。新人コンビの台頭に大久保監督は「上級生もうかうかできなくなった」と競争の激化を大歓迎。「福六からプロを目指す」と意気込む2人が、九産大打線を活性化させる。 (末継智章)

 岩田将貴投手(九産大3年、左肘の手術を経て約10カ月ぶりに公式戦で登板し3回2失点)「不安な気持ちでマウンドに上がった。今は試合勘を取り戻すことが大事。手術をしてくれた先生や、いろんな方々に感謝したい」

◆片渕一葵(かたふち・いつき)

 2000年12月31日生まれの18歳。福岡市出身。小学1年から鶴田少年ソフトクラブでソフトボールを始める。中学入学とともに硬式の福岡ボーイズに入り、飯塚高では高校通算25本塁打。3年の昨夏は主に4番を打ち、北福岡大会決勝で折尾愛真に敗れた。憧れの選手は中田翔(日本ハム)。170センチ、77キロ。右投げ右打ち。

◆野口恭祐(のぐち・きょうすけ)

 2000年7月17日生まれの18歳。長崎県雲仙市出身。小学1年時に同市の千々石アドバンスでソフトボールを始め、千々石中の野球部を経て創成館高へ。昨春の選抜大会で8強入りし、昨夏の選手権大会では初戦で敗退した。高校通算5本塁打。憧れの選手はトラウト(エンゼルス)。179センチ、80キロ。右投げ右打ち。

=2019/04/14 西日本スポーツ=