ソフトB福田「やばい」負傷で抹消濃厚 長谷川勇が昇格へ

西日本スポーツ

9回2死、スイングの後に左脇腹を気にする福田 拡大

9回2死、スイングの後に左脇腹を気にする福田

◆ソフトバンク6-1楽天(14日・楽天生命パーク宮城)

 福田が左脇腹を痛め、登録抹消される可能性が濃厚となった。2試合連続3安打の猛打賞と気を吐き、巡ってきた9回の第5打席。2ボール1ストライクからの4球目をファウルとした際に痛めたようで、その後も我慢してバットを振り続けたが、最後はベンチの指示でバットを振らずに見送り三振に倒れた。直後の守りにはつかず、試合後は応急処置としてアイシング治療に努めた。

 福田は「やった(痛めた)瞬間、これはやばいと思ったけど、柳田、グラシアルがいない中、何とか我慢して出続けなきゃと思って。自分としては明日(15日)以降もチームに貢献できるように、最善を尽くしたい」と前を向いたが、森ヘッドコーチは「最終決定は明日(同)だけど、ちょっと厳しいかな」と険しい表情を見せた。代役として2軍で打率3割2分6厘と好調を維持するベテラン長谷川勇が1軍昇格しそうだ。

=2019/04/15 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ