ソフトバンク石川、前半戦絶望か 右肘痛が再発

西日本スポーツ

ノースローが続いている石川 拡大

ノースローが続いている石川

 リハビリ組の石川が右肘痛を再発させ、前半戦の復帰が危うい状況となった。昨年の日本シリーズで痛め、今春キャンプはリハビリ組で調整。投球練習を重ね、3月20日には2軍選手相手のシート打撃に登板し、最速145キロを計測するなど実戦復帰は間近とみられていたが、その後の検査で右肘靱帯(じんたい)に亀裂が見つかった。4月上旬には自身の血小板を注射し、自己治癒力を活用して回復を図る「PRP療法」を受けた。昨年13勝を挙げた右腕は、ノースロー調整が続く。「痛みがある中でやれるところまでやったが駄目だった。自分のやれることを一つずつやるだけ」と言葉少なだった。

=2019/04/17付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ