西武マーティン危険球退場 辻監督「まさか」

西日本スポーツ

延長10回無死一、二塁、西武・マーティンから死球を受け、倒れ込む楽天・島内(下) 拡大

延長10回無死一、二塁、西武・マーティンから死球を受け、倒れ込む楽天・島内(下)

延長10回無死一、二塁、楽天・島内に死球を与えて危険球退場となり、マウンドを降りた西武・マーティン 延長戦の末、楽天に敗れ、険しい表情を見せる西武・辻監督

 ◆楽天5-4西武(16日・楽天生命パーク宮城)

 4時間を超える激闘はあっけなく幕を閉じた。4-4で迎えた延長10回無死満塁。楽天ウィーラーの打球が中堅深くに打ち上がると、勝負は決した。西武が開幕戦以来、今季2度目のサヨナラ負け。辻監督は「無死満塁だと悔しさはないな。2死だと悔しいだろうけど」と、さばさばした表情で振り返った。

 10回からマウンドに上がった5番手マーティンの独り相撲だった。単打と四球で一、二塁。送りバントを仕掛けてきた島内に右首付近への死球を与え、危険球退場処分となった。「バントをやらせればいいのに。まさか当てるとは思わない」と指揮官。代わって緊急登板した小川に火消しを求めるのは酷だった。

 ロングゲームの記憶をたどれば、辻監督は「点を取ったら取られて。流れがずっと悪い。そこが一番のポイント」と指摘した。イニングの先攻で点を奪っても、全て直後の後攻に失点した。リリーフ陣の我慢比べとなったが、最後は助っ人が崩れた。

 再び借金1に逆戻り。昨季の王者はなかなか波に乗りきれない。これで楽天には3連敗。西武からフリーエージェント(FA)移籍した浅村にも5回に適時打を浴びる手痛い恩返しを受けた。辻監督は「チャンスはあったけど、そこをいかせなかった」。もどかしかった中盤以降の攻撃にも唇をかみしめた。冷え込む仙台の夜風が身に染みた。 (小畑大悟)

=2019/04/17付 西日本スポーツ=