浅村弾で西武5位転落 本田圭佑、地元白星まであと一人で…

西日本スポーツ

楽天に連敗を喫し、渋い表情で引き揚げる西武・辻監督 拡大

楽天に連敗を喫し、渋い表情で引き揚げる西武・辻監督

 ◆楽天7-4西武(17日・楽天生命パーク宮城)

 かつての頼もしい仲間は、恐ろしすぎる宿敵に変わった。1点リードの5回2死一、二塁。今季2勝目の権利まで「あと一人」だった本田の高め真っすぐは、浅村に左中間スタンドまで運ばれた。昨季のレオの主将に通算150号となる逆転3ランを被弾。故郷仙台での1軍初登板初先発を飾れなかった本田は「浅村さんへのあの1球が悔やまれる」と嘆いた。

 16日も西武投手陣は浅村に適時打を含む2安打を許した。浅村は西武戦で打率3割7分5厘(16打数6安打)、2本塁打、6打点。浅村から見てカード別では全てトップの記録だ。辻監督は浅村の力をよく知るだけに「(3ランは)インコースはいいけど、甘いところにいけば…。昨日のタイムリーに加え、今日もやられた。もうちょっと考えないと」と手厳しい。

 打線が9回に見せ場をつくったが、3点を追う無死満塁から山川、森、中村と凡退した。楽天に開幕から4連敗で借金2。オリックスと入れ替わり、5位に転落した。浅村にやられ続ければ、V2は厳しくなる。 (小畑大悟)

=2019/04/18付 西日本スポーツ=