ソフトバンクなぜ故障者が続出するのか/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ

1軍に合流した三森 拡大

1軍に合流した三森

 とんでもない事態になっている。17日に上林が右手に死球を受けて途中交代。診断結果は打撲で、幸い離脱を免れて18日は先発出場したが、現在外野陣は危機的状況だ。開幕前から中村晃を欠き、グラシアル、柳田が相次いで離脱。追い打ちをかけるように、代役を務めた福田が戦列を離れ、穴を埋めることを期待されて16日に今季初昇格した長谷川勇まで、故障で18日に登録抹消された。

 前述の6人に続くであろう江川、塚田は、今年手術を受けてリハビリ中。真砂は前回の出場選手登録抹消から10日を経過しておらず、現在1軍登録可能な外野手は2軍出場経験のない新人の水谷しかいない。ここまで故障が重なったことに直接の原因があるわけではないだろうが、毎年のようにCS、日本シリーズまで多くの試合を戦っての蓄積疲労は一つの遠因かもしれない。一方でチームの危機は若手にとってはチャンス。18日、3年目の内野手、三森が1軍に初昇格した。 (倉成孝史)

=2019/04/19付 西日本スポーツ=