西武3連敗で最下位 千賀から14イニングで0点

西日本スポーツ

6回2死一、三塁、右飛に倒れ肩を落とす西武・山川(左) 拡大

6回2死一、三塁、右飛に倒れ肩を落とす西武・山川(左)

 ◆西武0-2ソフトバンク(19日・メットライフドーム)

 西武が今季2度目の3連敗を喫し、試合のなかったロッテと同率の最下位に転落した。

 右手に受けた死球の影響でベンチスタートが続いていた源田が「9番・遊撃」でスタメン復帰。開幕カードで3連敗したソフトバンクからの今季初勝利を狙ったが、相手先発の千賀に8回で2安打無得点に封じ込まれた。チームは千賀に対し今季通算14イニングで5安打、いまだ1点も奪えていない。

 ソフトバンク先発が抑えの森に代わった9回、1死から森が遊撃・今宮のエラーで出塁。一塁での際どいタイミングにソフトバンク工藤監督はリクエストを要求するも、リプレー検証の末に判定通りのセーフとなった。その後、2死一、二塁までチャンスを広げたが最後は代打・岡田が一ゴロに倒れた。

 ソフトバンクに今季白星なしで4連敗となった辻監督は「ヒット2本だからね。チャンスはいくつかあったが、千賀がよかった。向こうもたいがいチャンスをつぶしているし、どっちもどっち」と振り返った。

=2019/04/19 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ