西日本短大付のプロ注目4番神宮が大活躍 九州高校野球

西日本スポーツ

◆春季九州高校野球2回戦 西日本短大付2-0日章学園(20日・平和リース球場)

 西日本短大付(福岡)のプロ注目の4番、神宮隆太(3年)が1点リードの8回に貴重な中越え適時二塁打を放った。2死一塁から直球をはじき返し「感触は良かった。体が開いていたのでセンターを意識した」と語った。

 捕手としては序盤に直球を狙われていた江崎陸(3年)の配球を変化球中心に変えた。4回以降許した安打は9回の三塁打だけ。江崎は無四球完封勝利を飾った。「いつも投手の気持ちになってリードすることを意識している」と神宮。高校通算23本塁打の主砲の活躍に、西村慎太郎監督は「4番がよく打ってくれた。配球面でもだいぶ成長した」と目を細めた。

=2019/04/20 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ