日本は3戦全敗でA組最下位 7人制女子ラグビーWS北九州大会開幕 17歳松田が2トライ

西日本スポーツ

 ラグビー7人制女子の国際大会、ワールドシリーズ(WS)第4戦の北九州大会が20日、北九州市のミクニワールドスタジアム北九州で開幕し、各組4チームによる予選リーグでA組の日本は3戦全敗で最下位となった。21日は9~12位の順位決定戦に回る。

 日本は初戦で昨夏の7人制女子ワールドカップ(W杯)を制したニュージーランドに0-43で完敗した反省から、2戦目以降は積極的なアタックを展開。同W杯準優勝のフランスに19-33と健闘し、ロシア戦は後半途中まで21-14でリードした。終盤に2トライ(2ゴール)を許して敗れたが、中村知春主将(アルカス熊谷)は「昨年までと違い、(互角に)戦える時間が長くなった」と手応えをつかんだ。

 今月初めに代表デビューし、WS初出場だった17歳の松田凛日(りんか)(国学院栃木高)はロシア戦で2トライと大暴れ。15人制男子元日本代表の努さんを父に持つ新星は「持ち味の強く前に出る動きでトライを取れた」と来年の東京五輪に向けて自信を深めた。 (末継智章)

=2019/04/21付 西日本スポーツ=

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ