「初物尽くし」のソフトバンク周東、びっくりプロ初アーチ

西日本スポーツ

5回2死一、三塁、右越えにプロ1号の3ランを放つ周東 拡大

5回2死一、三塁、右越えにプロ1号の3ランを放つ周東

 ◆西武-ソフトバンク(21日・メットライフドーム)

 2番左翼でプロ初スタメンを果たしたソフトバンクの周東佑京(しゅうとう・うきょう)内野手(23)が豪快なプロ初アーチを放った。8点リードの5回2死一、三塁。高木勇の高めの真っすぐを捉え、右翼席に1号3ランを突き刺した。俊足巧打が武器で、2軍でも打ったことがなかったホームラン。ベンチに戻るとチームメートからの祝福に笑顔をみせて「真芯で打つことができた。練習でもあんな打球を打った記憶がないので、自分でもびっくり。素直にうれしい」と目を輝かせた。

 4回の第3打席でスクイズを決め、プロ初打点を記録した次の打席で放った一発だった。2018年の育成ドラフト2位で東農大北海道オホーツクから入団。開幕直前に支配下登録入りしたばかりの2年目が「初物尽くし」の好スタートを切った。

=2019/04/21 西日本スポーツ=