筑陽学園、佐賀商に快勝 新4番福岡中越え3ラン/春季九州高校野球

西日本スポーツ

佐賀商戦で本塁打を放った筑陽学園の福岡(左)と弥富 拡大

佐賀商戦で本塁打を放った筑陽学園の福岡(左)と弥富

 ◆春季九州高校野球2回戦:筑陽学園8-2佐賀商(21日・鴨池市民球場)

 連覇がかかる筑陽学園が佐賀商に快勝した。選抜大会後から4番に座る福岡が6回に中越え3ラン。樟南(鹿児島)のエースだった父真一郎さんが1994年夏の甲子園決勝で敗れた相手に、計4打点の活躍だ。「(本塁打は)スライダーに反応した。ランナーをかえすことだけ考えた」と話した。江口監督は「ボール球に手を出さないことが課題だが、ストライクゾーンの球を振ればある程度の打率を残せる」と打線の軸に据える意向を示した。次戦は興南の左腕宮城と対戦。福岡は「前回(昨秋)は完璧に抑えられた。甲子園で成長したと思うので今度は打ち勝ちたい」と誓った。

=2019/04/22付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ