「また次も出したくなる」/工藤監督一問一答 4.21西武戦

西日本スポーツ

5回、プロ1号の3ランを放った周東(右)を迎える工藤監督 拡大

5回、プロ1号の3ランを放った周東(右)を迎える工藤監督

 ◆西武5-16ソフトバンク(21日・メットライフドーム)

 -プロ初スタメンの周東と三森が活躍した。

 「昨日(20日)の周東は見切って四球を選んだし、三森は一ゴロという結果だったけどインサイドの速い球をしっかり捉えて、期待できると思った。使ってみたら、いい結果が出せるというのは彼らにとって良かった」

 -2人はスクイズや盗塁も決めた。

 「一発で決めてくれるというのは、すごくうれしい。また次も出したくなりますね。周東はいい守備もありましたし、今宮のいい守備もあった。みんなが今いない人たちの分まで何とかという思いが出た試合だと思う」

 -嘉弥真を右打者のところから使った。

 「シーズン当初から右にも打たれてないというところがあったので、『右左は関係なく使いましょう』という話をしていた。彼が自信を持ってやってくれれば、右から始まっても投げることができる。そういった意味でも良かった」