ソフトバンク森、パ首位タイ7セーブ目 防御率0.00

西日本スポーツ

9回に登板した森 拡大

9回に登板した森

 ◆ソフトバンク3-1オリックス(22日・東京ドーム)

 守護神の森が、リーグトップタイの7セーブ目を挙げた。2点リードの最終回に登板。1死から小島に右前打を浴び、1発が出れば泉のプロ初白星が消えてしまう状況となったが、冷静に杉本、頓宮を連続三振に切り試合を締めた。「2ストライクからヒットを打たれたことは反省。しっかりとその反省を次に生かしたい」。今季登板11試合目にして防御率0・00と抜群の安定感を誇っているが、意識の高さを示していた。

=2019/04/23付 西日本スポーツ=