筑陽学園、プロ注目の興南エース宮城に脱帽/春季九州高校野球

西日本スポーツ

筑陽学園を破り拳を握る興南のエース宮城 拡大

筑陽学園を破り拳を握る興南のエース宮城

 ◆春季九州高校野球準々決勝:筑陽学園1-6興南(22日・平和リース球場)

 因縁の再戦となった筑陽学園は興南を返り討ちにはできなかった。5回までに1点リードを奪ったが、6回の追加点のチャンスで宮城が登板すると流れが変わった。計8三振を喫するなど完璧に抑え込まれて逆転負けした。「あそこでプロ注目の投手が出てきては苦しい。スライダーを見極められるようにならなければ」と江口監督。激戦区福岡で春夏連続の甲子園出場を見据え、「夏までには考える野球をできるようにならないといけない」と課題を挙げた。

=2019/04/23付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ